日常で良くあるシミができる14つの原因をまとめてみた

顔のシミが浮き出てきた!・・これってなに?原因は?

日常で良くあるシミができる12つの原因をまとめてみた

年齢とともに増えてくるシミは種類がある

年齢とともに気になるシミ、実はシミとひとくくりにしていますが、シミにはいくつかの種類があります。そしてシミになってしまった原因も人それぞれ異なります。

シミのタイプによっては、美白コスメだけでは対応できないものもありますので、自分で判断できない気になる症状がある場合は、美容皮膚科などで相談されることをおすすめします。

例えば今あるシミ、昔は平らだったのに気が付いたら盛り上がっている、隆起してきたというような場合美白化粧品では対処できないシミとなっています。 このシミは、脂漏性角化症と呼ばれるもので、シミが盛り上がって見えます。

盛り上がりかたは人それぞれで本当に少しだけ盛り上がって見える人と、イボのように大きく盛り上がってしまっている人もいますし、色も赤っぽいものから茶色、こげ茶色と様々です。 だから余計に自分では判断しにくいですよね。

隆起がものすごく激しいものは、シミとは呼ばれません。この盛り上がったシミを治療したい場合は、液体窒素や炭酸ガスレーザーが使用されます。

これで治療をすると盛り上がったシミも平らになりきれいなお肌が戻ってきます。 美容皮膚科などで相談すれば施術してもらえますので、気になる人は相談されてみてくださいね。

シミが浮き上がってきた・・

隆起していないけれど、平らなシミが前よりも浮き出ている感じがする、なんだか剥がれそうな感じがするという場合、細胞が生まれ変わっている状態である事が多いです。

肌全体に透明感が出てくると、シミの部分だけがとても濃く感じる事もあります。お肌のターンオーバーが活性化されたことでシミが浮き出てくるという事がありますのでシミが浮き出てきたらしばらく様子をみてみましょう。シミが薄くなる前兆かもしれません。

レーザー治療でシミを消す場合も、レーザー照射後はシミが濃くなります。そしてかさぶたのように浮き出てきて最後に剥がれ落ちます。

美白コスメでお肌のターンオーバーが活性化されているとこれと似たようなことが起こります。もちろんかさぶたにはなりませんが、シミの部分が浮き出てきて小さくなって消えていくのです。

 

顔のシミは老けて見える!実際どれくらい変わるのか。

最高でプラス8歳にもなる...

顔のシミに効くの?レチノイン酸とハイドロキノンの効果・効能まとめ!

nagisaで作成した比較画像です。やはり結構老けて見える...

まずそばかすの場合、見た目年齢はプラス2歳。 そして顔のシミ=老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)はプラス5歳、肝斑はプラス6歳、肝斑と老人性色素斑の2つがあるとプラス8歳となっていました。

そばかすの場合は見た目年齢プラス2歳なので、そんなに大きな差は出ませんが、やはり顔のシミや肝斑となるとかなり年齢がプラスされてしまいます。両方あるとプラス8歳というのは衝撃的ですね。

顔のシミと見た目年齢の調査結果があった

先ほどの結果は第一三共ヘルスケアさんの調査結果によるものですが、やはり顔にシミがあると実年齢より老けて見えてしまうのは確実ということですね。

ちなみにこの調査は、シミが無い女性の顔写真にシミを合成した画像を使って行われたもので、まずシミが無い状態での画像を見せ、その後にシミを合成した画像を見せる方法を取っています。

※回答したのは30代から40代の一般女性200名です。 シミには色々な種類がありますが、この調査ではそれぞれのシミで画像を用意していてシミの種類によってもプラスされる年齢が異なるという結果が出ているのがとても興味深いですね。

顔のシミはとにかく早期の治療が大事!

人の肌は紫外線を浴びるとメラノサイトがメラニン色素を生成します。これがシミの元なのですが、強い紫外線を浴びるとメラノサイトが過剰にこのメラニン色素を作り出します。

通常このメラニン色素は新陳代謝で垢になり体外に排出できるのですが、人は年齢を重ねると新陳代謝のスピードが落ちてきます。

基本はこれを促進させたり(ターンオーバーを爆速させて顔のシミを倒す方法7選!)、ホワイトニング化粧品でメラニン色素の色素沈着を防いだりしてシミ対策をします。

つまりこれらを怠ると色の濃いシミが顔に見えてきてしまうんですね... もうお分かりかと思いますが、若い頃から日常的にケアをすることが重要なのです。(日焼け止めだけではケアとは呼べませんよ!)

ただ今は、"すでにできてしまったシミがある人"にも効果的な医薬部外品があります。

顔のシミは老けて見える!実際どれくらい変わるのか。

© nagisa All rights reserved.

こちらは顔のシミに効くフレキュレル?実際に試してみた結果ー口コミ評判も!の記事の時に撮影したものです。どうでしょう?やはりシミがない方が断然若く見えますね。

nagisaではこのように効果のあるシミケア商品を実際に使ってみた上で紹介しております。 今日から始めても遅くはありません。是非チェックしてみてくださいね。

 

顔のシミの原因はなに?

顔のシミの原因の多くは、加齢によるものと生活習慣の偏りによる肌へのダメージです。

加齢がもたらす肌へのダメージ…

  • 運動不足により若い頃と比べターンオーバーがうまくできなくなる
  • 若い頃に肌の奥底に蓄積したメラニンが表層にきて見える化する

生活習慣の偏りがもたらす肌へのダメージ…

  • 偏った食事や野菜不足でビタミンA、ベータカロテンが不足。また食物繊維不足で便秘ぎみとなり細胞の生まれ変わりを遅延させる。
  • 慢性的に寝不足で肌の細胞の生まれ変わる時間が足りない
  • 喫煙による主にビタミンC不足で肌のハリが失われる。
  • 紫外線対策が甘く、日焼けしてメラニンを生成している

こうしてみると加齢の方は、若い頃に比べ体が衰えてきているので”しょうがない感”は否めません。適度の運動を心がけましょう。

しかし生活習慣の方は、努力によるものが大きいです。
これらを解消して初めてシミケアの土台に立てるので、少しづつ我慢・努力して改善して行きましょう。

極端な話、食事がお肉ばかりの喫煙者がシミケア商品を使ってもその効果が実感しにくいのは明確ですよね?

下記は顔のシミの原因に関するコラムです。
今のあなたが知りたい情報があれば是非読んでみてください。↓

 

顔のシミは加齢だけじゃない!若い人も要注意!

顔のシミは加齢だけじゃない!若い人も要注意!

20代でできるシミどうして?

20代でできてしまうシミは、紫外線による影響が大きいです。 学生の頃に外で部活動をしていた人、海や山などに良く出かけていた人はシミが出やすいです。 紫外線対策をしっかりとして部活していた、お出かけしていたという人は、まだマシかもしれません。

しかし外にいると日焼け止めをこまめに塗りなおすということがなかなかできないので、しっかり塗っていたとしても、うっかり日焼けしている事は多々あるものです。

それが20代にシミとなって出てきてしまうのです。 若いお肌はターンオーバーが早いのでシミになりにくいのですが、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れなどが原因となり、ターンオーバーの周期が遅くなってしまっている20代の人も多いです。

そうなるとどうしてもシミになりやすくなります。 またお酒をよく飲む人や、煙草を良く吸う人は、シミができやすい傾向にあります。

ターンオーバーを正常にするには

ターンオーバーを促進させるために、ピーリングをこまめにしている人もいるのですが、 これが反対にシミを作りやすくしてしまう原因となることもあります。

では、どのようにすればターンオーバーを正常にしてシミ対策につなげる事ができるのでしょうか。 まず、汚れはきれいに丁寧に落とす必要がありますが、必要な皮脂を落とし過ぎないという事をしっかり守りましょう。 洗浄力の強すぎるクレンジング剤などはNGです。

乾燥肌がひどい人は、朝はぬるま湯だけの洗顔でも良いくらいです。

そして洗顔後はたっぷりとお肌に潤いを与えてあげてください。 保湿が十分にされていないお肌は、ターンオーバーが遅くなってしまいます。

古くなった角質が硬くなってしまい、お肌にごわつきが出てきます。 洗顔料の見直しや、スキンケアの見直しをしっかりと行いましょう。

パックやピーリングはやり過ぎはNGですが、お肌の状態を見ながら適度に取り入れていくことで、ターンオーバーを促進させるのに役立ってくれます。 無添加処方などのお肌に優しい商品を選びましょう。 毎日の紫外線対策も忘れずにしっかりと行うようにしてください。

日焼け止めや日傘、帽子、サングラスなどを使って紫外線からお肌を守りましょう。

食事でもターンオーバーを促進させることができる

お肌は食べたもので作られていきます。という事は、ターンオーバーを整えるために食べると良い食材もありそうですよね。 バランスよく栄養素を摂取できていると、細胞がきれいに生まれ変わりますので ターンオーバーも整います。

それを手助けしてくれる食材としておすすめなのがビタミンB2や食物繊維の多い食材です。ビタミンB2は美肌のためのビタミンとも呼ばれていて、ニキビ予防、肌荒れ改善にも役立つ栄養素です。食物繊維はお腹をきれいにしてくれますのでデトックス作用があります。

この2つの栄養素は必ず摂取したいですね。そしてシミ対策に良いビタミンC、ビタミンE、ビタミンAもあわせて摂取しておきたい栄養素です。

ビタミンB2や食物繊維の多いキノコ類と、ビタミンAが豊富な人参、ビタミンEとCが豊富なかぼちゃなどを組合わせてグラタンなど作ってみてはいかがでしょうか。

食べ物のパワーは本当にすごいです。 サプリメントを飲むのも大切ですが、体の中からケアしていくために食事にも気を遣ってみてくださいね。 シミができてしまったとしても、まだ20代なら必ずシミの無いお肌を取り戻せます。 諦めないでくださいね。

 

顔のシミがほくろに変わることってあるの?

顔のシミがほくろに変わることってあるの?

ほくろはメラニンが集合してできますが、シミは集合してできたものではありません。お肌の上でメラニンが作られてそれぞれ散らばって色素沈着しているのがシミとなります。

シミも紫外線で増えますし、紫外線で濃くなってしまいますので、紫外線対策が必要です。 このようにほくろとシミには違いがあります。

ほくろとシミの治療について

シミを治療したい場合、しみ取りレーザー、Qスイッチルビーレーザーや内服薬の使用、シミ対策のコスメを使ってのケアで薄くしたりきれいにしたりできます。

ほくろの場合は、シミと異なりますので内服薬では治らないですし、コスメでほくろを取ることもできません。 ほくろを治療したい場合は、CO2レーザーか切除によって取り除きます。

CO2レーザーの施術の場合は、1箇所当たり5,000円から1万円程度でほくろの除去ができます。 施術後は赤くなりますので、絆創膏で保護します。

1週間から2週間程度保護をしてからはがすと、ほくろが無くなっていると言われています。 しかし1回で取り切れない人もいます。

その場合は再度レーザー照射をするなどして取り除いていきます。傷跡などを残さずにきれいに除去できる方法とされています。

ほくろを作らないためにできること

ほくろを作らないためにできる事をまとめてみました。 ほくろができる原因に紫外線がありますので、まずはUVカットをしっかりと行いましょう。

夏だけでなく1年中紫外線は降り注いでいますので、1年中しっかりと紫外線をカットするようにケアしていかなければいけません。日光が出ていなくても紫外線ケアを行いましょう。

肌荒れに注意することもほくろを作らないために必要です。 ほくろは外部刺激によってできやすくなってしまいますので、刺激を与えないようにしましょう。

特に体にできるほくろは、服の締め付けなどが原因で起こりやすくなるとされています。 またメイク汚れなどをきちんと落とせていないとほくろができやすくなるという説もありますので、しっかりとメイクを落としましょう。

お肌にストレスが溜まらないようにする必要があります。 紫外線のダメージを受けやすいお肌は、乾燥しています。 乾燥を防ぐこともほくろ予防に繋がるでしょう。

ストレスもほくろができることと関係しているとされています。 ストレスをためないようなケアも必要ですね。

お肌の再生機能を高めてあげる事、ターンオーバーの正常なお肌だとほくろもできにくいです。 メラニン色素をお肌にためないで外に出すことができるからです。

ターンオーバーは正しいお手入れと規則正しい生活で促されますので、心掛けてみてください。 古くなった角質などがある場合は、ピーリングもおすすめです。 定期的にピーリングしても良いでしょう。

これらのケアは、ほくろだけでなくシミ対策にもつながります。 しっかりとケアしてあげてくださいね。 日々のケアで、ほくろができにくいお肌を目指しましょう。

 

顔のシミは生まれつき遺伝?治らないの?

顔のシミは生まれつき遺伝?治らないの?

遺伝でできやすいそばかす

そばかすはシミの1種に分類されます。そばかすは小学生でもできている子がいますよね。 そばかすはとても小さな茶色いシミが鼻の周辺から頬にかけて広がってできます。

美白化粧品などでケアしても薄くならないと言われていて、紫外線を浴びると 濃くなってしまいますので、日焼け止めなどで紫外線対策をする必要があります。

化粧品で薄くなりにくいと言われているものの、現在は美白化粧品も進化していますので、 根気よくお手入れすればそばかすが薄くなる可能性もゼロではありません。

特にハイドロキノン配合の化粧品はそばかすを薄くするのに役立ってくれます。

完全に無くしたい場合は、レーザー治療などがありますが広範囲の場合は費用もかかりますし、痛みも伴いますのでドクターと良く相談して治療したいですね。

体質が遺伝してできやすくなる

メラニンの生成が活発な遺伝子というのがあると言われています。

その遺伝子を持っているとシミができやすくなるという傾向にあるのですが、紫外線対策をしっかり行って美白ケア化粧品で丁寧にケアすればシミ対策はできます。 遺伝だからと諦める必要は無いのですね。

生活習慣でシミができやすくなる

生活習慣とシミは大きな関係があります。紫外線にあたるとメラニンが作られますので、 外で作業することが多い人、外でスポーツする人などは紫外線を浴びてしまいます。

日焼け止めをしっかり塗っていても汗で流れてしまったり、1日中効果が持続するものではありません。こまめに塗り直しできれば良いのですができない事もありますよね。

紫外線を浴びたとしても、お肌のターンオーバーが正常であれば、メラニンを蓄積させずに古くなった角質と剥がし落とすことができるのですが、ターンオーバーが乱れていてメラニンが蓄積されてしまうとシミとなって出てきてしまいます。

紫外線を浴びる事が多い人は、ターンオーバーを整えて美白ケア化粧品を使う事を おすすめします。

それから睡眠不足もシミと関係があります。寝ている間に成長ホルモンが分泌されますが、この成長ホルモンが細胞を活性化させる働きがあるのです。

細胞が活性化されると新しい皮膚が生まれやすくなります。肌の再生力もアップしますので、シミができにくくなるのです。きれいなお肌のためにも睡眠時間を確保したいですね。

そして食生活もシミのできやすさに関係します。シミができにくい栄養素が摂取できる食べ物を積極的に取り入れる事で、シミができにくいお肌になります。

ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、ビタミンA、ポリフェノールなどをしっかり摂取していくように心がけてください。

お手入れのし過ぎはダメ

お肌のターンオーバーを整えようとピーリングを何度もしたり、ゴマージュ洗顔を使用したりする人がいますが、過度なお手入れは反対にシミを作りやすくしてしまいます。

また洗顔の際に、強く肌をこするなども刺激となりシミにしてしまう可能性がありますので注意しましょう。

お肌に優しい洗顔料で丁寧に汚れを落として、しっかりと保湿して乾燥しないお肌にしてください。そうすることでシミのできにくい潤ったお肌になります。

お肌のターンオーバーの乱れによる黒ずみや角栓が気になる人は、美容皮膚科などで相談してみると良いでしょう。 シミは年齢とともにどうしても気になってしまいますが、丁寧なケアで予防したいですね。

 

顔のシミとくすみ・毛穴は関係あるの?

顔のシミとくすみ・毛穴は関係あるの?

シミとくすみについて

まずは顔のシミとくすみについて見ていきましょう。 シミは、薄茶色やこげ茶色など色々な色、そして小さいものから目立つものまで形も大きさも様々です。

シミの原因はメラニン色素の蓄積ですが、紫外線を浴びることが多いとシミができやすくなってしまいます。 それから摩擦などの刺激で色素沈着してしまいシミとなることもあります。

お肌のターンオーバーが正常であればシミもできにくいのですが、ターンオーバーが乱れているとシミができやすいです。 またストレスが多い人や、食生活が乱れている人もシミになりやすい傾向があります。

くすみは、シミのように部分的に茶色いところがあるというようなものではなく、何となく顔色が悪い、 顔全体が暗い感じがする、お化粧をしても顔色がさえないというような感じです。

くすみの原因は、寝不足やストレス、ホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れ、煙草を吸う、血行不良などが挙げられます。シミの原因と少し似ている部分もありますが、紫外線はくすみの原因には含まれていません。

くすみは様々な要因が重なって起こるものでもあるので、これが原因ですとはっきりできない部分もあります。 そういった点も少しシミとは異なりますね。

毛穴とシミについて

毛穴とシミ、関係が無さそうな感じがしますね。毛穴の悩みといえば、古い角質が溜まってしまい黒い角栓となってしまったというもの、そして毛穴がたるんで開いてしまったというものがあります。

この中で注目したいのが毛穴の黒ずみです。 実は気になる毛穴の黒ずみを解消させるために、毛穴パックやピーリングをしているのになかなか改善されない・・という場合、それは毛穴ではなくメラニン色素の蓄積で黒ずんでいるのかもしれません。

メラニン毛穴と呼ばれるものでお肌のケアをやりすぎる事や、紫外線、肌の代謝が悪い事で毛穴が黒ずんでシミのように見えてしまうものです。

メラニン色素の沈着ですので、適切なお手入れで改善させていく事はできますが、かなり時間がかかると言われています。

シミと毛穴とくすみの改善方法

実は原因の異なるシミ、くすみ、メラニン毛穴は、美白化粧品で改善させることが可能です。

原因は異なりますが有効成分が配合されていれば、3つのお悩みにしっかり働きかけてくれるのです。 これは嬉しいですね。ではどんな化粧品を選べば良いのでしょうか。

・APPS配合の化粧品を使う

APPSとは、ビタミンC誘導体の中でも高浸透型のビタミンC誘導体のことです。近年注目されていて ニキビ予防、エイジングケア、毛穴引き締め効果があるとされています。

エイジングケアでは、シミ・しわ・たるみのケアに有効とされています。そのためくすみ解消にもメラニン毛穴にも、シミにも効果があるという事になります。

APPS配合の化粧品を購入する場合、保湿成分もしっかりと配合されているものを選びましょう。お肌が乾燥しているとダメージを受けやすくなります。ターンオーバーを正常にさせるためにも保湿は重要です。

さらに他の美白成分も配合されていれば、よりシミケアや毛穴ケア、くすみ解消に効果を期待できますので、その他の美白効果のある成分もチェックしておきたいですね。

そしてお肌への優しさも確認しておきましょう。特に敏感肌の人は、美白コスメが刺激となる場合があります。 しっかりチェックして自分に合うものを選びましょう。

 

顔のシミは寝不足でもできる!何時間寝たら良い?

顔のシミは寝不足でもできる!何時間寝たら良い?

睡眠で美肌が作られる理由

睡眠をしっかりとるとどうして美肌になれるのでしょうか。

細胞の生まれ変わりを促進させると言われている成長ホルモンと関係しています。

成長ホルモンが分泌される時間帯は22時から2時と言われています。

この時間帯に睡眠をしっかりと取れているとお肌の細胞の生まれ変わりが促進されて美肌に繋がるのです。 肌の細胞の生まれ変わりが促進されるという事から、睡眠でシミもできにくくなるのです。 最近お肌のくすみが気になるという人も、睡眠をしっかりとることでくすみが解消されていきます。

睡眠によって肌だけでなくホルモンバランスを整えたり、自律神経のバランスも整えられます。これらも美肌作りにはとても大切な要因ですね。

寝る時間よりも睡眠の質が大切

睡眠をしっかりとったほうが良いと聞くと、どうしても睡眠時間を長くしたほうが良いと考えてしまいますが、実は睡眠を何時間とったのかという事よりも、睡眠の質が良いかどうかのほうが大切とされています。

ではどうすれば睡眠の質を上げる事ができるのでしょうか。

睡眠の質を上げるためにできる事ですが、スマホを寝る直前まで見ているという人は、この習慣を見直すことが睡眠の質を上げるために必要です。

スマホを見ながらいつの間にか寝落ちしたりしていませんか。 スマホからはシミができやすくなるブルーライトも出ていますのでシミ対策をしたいなら 寝る前だけでもスマホを見るのをやめましょう。

スマホによる光の刺激で、睡眠の質が下がってしまいます。 光によって交感神経が働いてしまいますので、リラックスできる副交感神経がしっかり働いてくれません。

質の良い睡眠をとるためには、副交感神経を優位にする必要があります。スマホをやめて目を休めるだけで副交感神経が優位になってくれますよ。

スマホを見てから眠ると、目の下にクマが出てしまったり、翌朝のお肌のくすみが気になったりという事が起こりやすくなります。 寝る前には目をきちんと休めたいですね。

質の良い睡眠がとれると、コラーゲンなどもしっかり作りだされますので、お肌にハリも出てきますし、潤いも出てきます。 潤いのあるお肌は、シミができにくいですので、睡眠をしっかりとればシミのできにくいお肌を育てる事ができます。 今日から美肌のためにぜひ睡眠を見直してみてください。

何時間寝れば良いの?

何時間寝るかについてですが、一番深い睡眠は寝始めて3時間の間とされています。

そのためこの間に深い睡眠をとれていると疲れがとれますし、成長ホルモンもしっかり出るのです。

トータルで6時間くらいは取れるようにすると、体の臓器もしっかりと休める事ができるでしょう。 休日にだけまとめて睡眠を取ろうとする人もいますが、これはあまり良くありません。

毎日同じ時間に眠り同じ時間に起きるほうが体内時計が狂わず、自律神経のバランスも整いやすくなります。 忙しいと睡眠をどうしてもおろそかにしてしまいがちですが、心と体に大きな影響を与えるのが睡眠です。

しっかり時間を確保したいですね。

 

顔のシミにセラミドは効く?摂取の仕方は?

セラミドってなんなの?

セラミドとは、簡単にいうとお肌の角層の細胞同士や水分を繋ぎ止めている成分です。セラミドが不足しているお肌は外部の刺激、特に紫外線の影響を受けやすくなります。十分にある場合はバリアがしっかり張られた状態になります。

セラミドはもともと人の肌に存在しているのですが、やはり加齢と共に少なくなってきます。これをセラミド配合のアイテムで補うことができます。

セラミドは単体で摂取するよりもあくまで配合されている商品を使う程度で良いでしょう。 できればシミ消しの商品にセラミドが入っていれば一石二鳥ですよね?そんな商品でおすすめしたいのがフレキュレルです。

nagisaでも認定商品として押しているのでぜひレビューコラムを読んでみてください。

お肌が乾燥しているとトラブルになりやすい?

セラミドのある、つまり潤いのあるお肌は肌トラブルが起こりにくいと言われています。

シミ・シワを防ぐためにもお肌の潤いはとても大切です。お肌が潤っているだけでシミやシワになりにくい状態となりますから、しっかり保湿しておきたいですね。

あなたのお肌にシミやシワができやすいかどうかは、下記のチェック項目で当てはまる数が多いほどできやすいと言えますので、まずはチェックしてみましょう。

  • 口元や目元の乾燥が気になる
  • 学生時代にスポーツ部で外にいた時間が長い
  • 日焼けした時期がある
  • 肌のシミの数が増えてきた
  • 洗顔後お肌がつっぱる
  • 肌の弾力が無くなっている
  • お肌の艶やハリが無い
  • ほうれい線が目立つ
  • 額のシワが目立つ
  • アイラインが引きにくい

さて、どれくらい該当したでしょうか。 沢山該当してしまったとしても、セラミドを含む化粧品を使うことで改善されていく可能性は十分あるので、諦めないでくださいね。

セラミド化粧品がシミやシワ対策に良い理由

先述したようにお肌の水分量が低下してしまうと、肌のハリも失われます。そうするとたるみやシワができやすくなってしまいますね。

それと同時にバリア機能も低下してしまいますので紫外線や外部刺激からお肌を守ることができなくなります。そしてシミにもなりやすい状態となってしまうのです。

保湿成分は色々とありますが、その中でもセラミドはバリア機能と大きく関係している成分です。

セラミド配合の化粧品を使うことで肌をふっくらとした状態へと戻していく事ができます。 そしてバリア機能が改善すると肌に弾力も戻ってきます。

単なる乾燥でできたシワの場合、シワが薄くなってくれます。 お肌に水分がしっかりとあり潤っていると、お肌のターンオーバーも正常に行われます。

ターンオーバーが正常になっていればシミもできにくくなります。肌が生まれ変わりで新しい細胞が出てくればシミになる前に肌の入れ替えができますので、シミとして出てきません。

さて、セラミドをお肌に補うとシミ対策とシワ対策がしっかりできることが分かりましたね。 要するにセラミドが配合されている化粧品を使うと美白ケアと乾燥対策が同時にできてお肌に良いのです。

生活習慣も見直して

それ以外にも毎日の生活習慣の見直しなどで、シワやシミになりにくいお肌に整える事が可能です。 若々しいお肌を維持するためにも今日からできることを始めていきましょう。

まずは、食生活の改善です。食べているもので体は作られていきますので野菜や果物などもしっかり食べてバランスの取れた食生活にしましょう。

喫煙やストレスもシミやシワの原因となります。それから睡眠も大切です。 体内のバランスを整えることが美肌への近道となります。

生活習慣の見直しとともに洗顔方法やクレンジング方法なども見直すと良いでしょう。シミやしわを防ぐためにもゴシゴシ肌を洗うことは絶対にやめてくださいね。

そして紫外線対策をしっかり行うという事も忘れてはいけません。 紫外線対策は、1年中必要です。

日焼け止めクリームを使うだけでなく、日傘や帽子、サングラスなども活用しましょう。 これらの方法をバランス良く取り入れて、シミの無いきれいなお肌にしていきましょう。

 

顔のシミが突然赤くなった!これってなに?原因は?

顔のシミが突然赤くなった!これってなに?原因は?

あなたのシミはどんなシミ?

茶色でシミとお肌の色の境目がはっきりしている、頬骨のあたりやフェイスラインに多くある、シミの大きさがそれぞれ違う、茶色色の濃さもそれぞれ違う、このようなものは通常のシミです。

しかしシミの色がピンクっぽかったり薄い赤色だったり、少しかさぶたのようにざらつきがある、湿疹かなと見間違えるなどの場合、危険なシミの可能性があります。 危険なシミとは、がんの原因になるかもしれないということです。

そのためシミの色が少し気になる、表面の感じが気になるという人は、早めに皮膚科を受診して、検査を受けるようにしましょう。

早めに検査を受ければ治療できます。

治療方法はレーザーや液体窒素による治療です。

日帰りでできる施術ですので、安心してください。 赤のシミの原因は紫外線です。紫外線が肌の奥深くまで届いてしまい活性酸素が発生し、免疫細胞の働きが弱くなってしまう事が原因とされています。 そのため対策としては、やはりしっかり紫外線をブロックすることになります。

それから活性酸素を除去する食材やサプリメントの活用も有効でしょう。

茶色いシミの対策としても、活性酸素の除去や紫外線対策をしっかりすることは大切です。

おすすめの紫外線対策商品や活性酸素除去の方法をご紹介します。

活性酸素を除去するために

手軽に活性酸素を取り除く方法と言えば、やはり食べ物になります。

食べ物でしっかり活性酸素を取り除いていきましょう。

抗酸化作用の成分が含まれている食べ物を食べるのがおすすめです。 例えばトマトのリコピン、ココアのポリフェノール、ブルーベリーのアントシアニン、 緑茶のカテキン、ニンジンのβカロテン、サケのアスタキサンチンなどです。

これらの食材とビタミンCやビタミンE、ビタミンB群、ミネラルをしっかりと取り入れてシミのできにくい体に整えていきましょう。

抗酸化成分はどれか1つを頑張って摂取してもあまり意味がありません。

まんべんなくバランスよく取り入れてください。

活性産を増やさないための生活として、たばこを吸わない、お酒を控える、しっかり睡眠を取るという事も挙げられます。

シミ対策に使いたい日焼け止め

シミ対策には、日焼け止めが欠かせません。

最近は飲む日焼け止めもありますので、それらも併用するとよりしっかりと紫外線対策ができます。 紫外線対策で、皆さんSPFやPAの値が高いものを選ぶ傾向にありますが、お肌に負担がかかる可能性もあります。

落とすために強いクレンジングを使ったり、こすったりしてしまうと、色素沈着してシミとなってしまう事もあります。

そのため石鹸でも落とせるお肌に優しい日焼け止めを選んで、こまめに塗りなおすという事をするほうがおすすめです。

屋外での活動をする場合は、やはりそれなりのSPFやPA値が無いと日焼けしてしまう可能性はあります。

しかし紫外線のとても強いオーストラリアなどでも、高い数値のものを使っていなくてもお肌を守れているとされていますので、数値だけにこだわらないようにしましょう。

海外製の日焼け止めを見ると、日本のような高い数値の日焼け止めは見当たりません。

SPF30などが多いです。 心配な人は、日焼け止めに飲む日焼け止め、そして日傘や帽子、サングラスなども併用して紫外線をカットできるようにすると良いですね。

洋服も長袖のUVパーカーを羽織るなどして体も紫外線から守ってあげるようにしてください。

赤ちゃんやお子様も紫外線対策が必要です。

しっかり対策してあげてくださいね。

 

顔のシミが痒くなった!原因・対策は?

顔のシミが痒くなった!原因・対策は?

痒いシミ、どうして?

痒くなっているシミは、脂漏性角化症の可能性があると言われています。

脂漏性角化症は、別名日光角化症とも呼ばれています。 特に40代以降の人にできやすい症状で、もともとあるシミから脂漏性角化症になる場合と、最初から脂漏性角化症として出てくる場合があるとされています。 腫瘍のように少し盛り上がって見えるのが特徴です。

ほくろと見間違える場合もあるとされていますので、見分けるには皮膚科の受診が必要です。

今あるシミを脂漏性角化症にしないためにも、シミケアをしっかりと行っておきたいですね。シミよりもどうしても目立ってしまいますので、そうならないように適切なケアをしましょう。

もしできてしまったら・・?

とはいうものの、脂漏性角化症にすでになってしまったという場合、どうしたら良いの?と思いますよね。 脂漏性角化症は、皮膚科で治療ができます。

この場合レーザーや液体窒素で治療することになりますが、痛みが少しあります。できるだけ早く治療をした方がきれいになると言われていますので、最近シミが痒いなと感じている人は、一度皮膚科を受診してみてくださいね。

脂漏性角化症は、顔だけでなく頭や首、腕など全身にできるとされています。 触った感じがザラザラしていてイボにも似ています。

できてすぐだと本当に小さいのですが、日数が経過すると大きくなってしまうと言われていますので、大きくなるよりも前にケアしておきたいですね。早い人は20代でもできてしまう人がいるとされています。

塗り薬や飲み薬では治らない?

残念ですが脂漏性角化症は、飲み薬や塗り薬で治療をすることができません。

塗り薬や飲み薬で治すことができればとても手軽ですよね。

しかしレーザーか液体窒素での治療になります。

まずはシミを作らないケアを

脂漏性角化症の原因となるシミを作らないためにも、日々のお手入れは大切です。

紫外線対策をしっかりと行うとともに、食べ物や睡眠にも気を遣いましょう。 お肌のお手入れをする化粧品も美白ケア成分が配合されているものを選びたいですね。

サプリメントでもシミケアができます。 おすすめの美白ケアアイテムを最後にご紹介しますね。

まずはシミやそばかすのケアに飲んで効く医薬品です。 キミエホワイトは、しみやそばかすだけでなく、肌荒れや湿疹、かぶれ、ニキビなどの悩みにも働きかけてくれます。

さらに顔だけでなくて全身に効果があるのが良いですね。 1回1錠、1日3回の服用でシミ対策ができます。

続いてアンプルールラグジュアリーホワイトシリーズです。シミに効果があるとされている新型ハイドロキノンを配合しているドクターズコスメです。 セラミドや酵母エキスなどお肌の潤いを守ってくれる成分も配合されています。肌に優しくしっかりとシミケアができます。

トライアルセットがあるのでまずはそちらをお試しください。

最後に日焼け止めです。

100%天然成分だけで作られていて、とても良い香りの日焼け止めがパーフェクトポーションのアウトドアサンスクリーンです。

SPF50、PA+++となっていてしっかりと紫外線をカットしてくれます。水を配合しないで作られている美容成分が 豊富な日焼け止めになっています。

少し伸びが悪いですが、丁寧に肌に塗るとお肌のトーンも明るくなる日焼け止めです。お化粧ノリもとても良くなる日焼け止めですよ。 このような医薬品や日焼け止め、美白コスメをしっかりと取り入れてシミのできにくいお肌を作っていきましょう。

 

顔のシミとそばかすの違いは?治し方も違う?

顔のシミとそばかすの違いは?治し方も違う?

シミとそばかすってどう違うの?

そばかすは、シミと違うのかという疑問ですが、呼び名が違うだけでシミの1種であると されています。そばかすは別名雀卵斑と呼ばれています。

シミは、老人性色素斑と呼ばれているものや、肝斑と呼ばれているものがあります。 シミとひとまとめに読んでいますが、そばかすもその1種で、上記の老人性色素班や 肝斑以外にもまだ数種類のシミがあると言われています。

そばかすは、シミと違ってとても小さくて茶色いものが広範囲にできます。 シミができる原因とそばかすができる原因も実は同じです。

肌の奥のメラノサイトと呼ばれる部分が紫外線の影響で刺激されてメラニン色素が作られ、 メラニン色素が肌の表面に出てきたものがシミやそばかすという事になります。 しかしそばかすは遺伝でもできるとされているので、10歳以下のお子様でもできる可能性があります。

その点が老人性色素班や肝斑との大きな違いになります。 特に肌の色が白い人はそばかすができやすいです。そして紫外線を浴びるとシミと同じ ように濃くなってしまいます。 そばかすができやすい部分は、鼻の付け根あたりから頬全体にかけてです。

シミやそばかすをケアするには?

シミ対策には美白化粧品を使う事が多いですが、遺伝が原因のそばかすの場合は美白化粧品では改善できない事も多いです。 今あるそばかすやシミが濃くならないように、増えないように紫外線対策はしっかりと行いたいですね。

また美白成分が配合されているサプリメントなどを活用するのも1つの方法です。 お肌にターンオーバーを促進させてくれるL-システインや美白効果のあるビタミンCが配合されているものを選びましょう。 食べ物でもビタミンCが多く含まれているものをしっかり取り入れたいですね。

シミやそばかすを治療するには

シミやそばかすを完全に消したいと思った場合、レーザー治療があります。

レーザー治療はきれいにシミを消すことはできますが、後のお手入れを誤ると またシミやそばかすが増えてしまいます。 シミの場合、ピンポイントでレーザーにより取ることができますが、そばかすは広範囲にわたりますので、レーザーを当てると痛みに耐えられないという人も多いです。

そこでフォトフェイシャルなどがおすすめです。

光によってそばかすを薄くしていきます。 治療回数はかかりますが、マイルドな治療なので肌が弱い人も受けやすいというメリットがあります。

レーザー治療はダウンタイムがあるものもありますが、フォトフェイシャルはダウンタイムがありませんので、その日からメイクも可能です。

そばかすやシミの状態によって、どのレーザーを照射すると良いのか、フォトフェイシャルの方が良いのかドクターとよく相談して決めましょう。

肝斑というシミの場合は、ハイドロキノンという塗り薬を使って薄くする方法もあります。 刺激の強いクリームですので、ドクターの指示に従って使ってくださいね。

レーザー照射後や、ハイドロキノン使用中は、いつも以上に紫外線対策をしっかりと行う必要がありますので、日焼け止めをしっかり塗ってくださいね。

シミやそばかす、どちらも同じという事が分かりましたができる年齢や原因、治療法は少し異なります。まずは美容皮膚科や美容外科などで相談してみてください。

 

顔のシミに蒸しタオルは効く!本当?嘘?熱いのは絶対NG!

シミを防げる蒸しタオル

まず健康なお肌の場合、ターンオーバーが正常ですので、シミもできにくいとされています。

ターンオーバーは年齢とともに遅くなってしまいます。お肌の生まれ変わりが遅くなるので、どうしてもシミができやすくなります。

肌の表面に落とし切れていない汚れや古い角質が残ってしまうとお肌のトラブルも起こりやすいです。

ターンオーバーが正常な場合は、シミのもととなるメラニンの排出がスムーズになりますので、シミになりにくいです。

これと蒸しタオルの関連性ですが、蒸しタオルを使うとお肌の血行が良くなります。 お肌の血行が良くなるとターンオーバーも活性化されます。

これによって蒸しタオルを使うとシミが解消されやすくなると言われているのです。 血流を良くすると、お化粧のノリも良くなりますし目の下のくすみや目の下のクマも改善されていきます。

蒸しタオルと行いたいのがクレンジング

正しいクレンジングはシミ予防のためにも覚えておきたい方法です。 蒸しタオルを活用してクレンジングを行いましょう。

蒸しタオルは電子レンジで簡単に作ることができます。 この時あまりにも熱すぎる蒸しタオルを作るのは、お肌に良くありません。 心地よい温かさを感じるものにしましょう。

クレンジングは、ポイントメイクを先に落としておきます。それからふき取りタイプのクレンジングクリームでしっかりとメイクを落としていきます。

ティッシュオフしたら蒸しタオルを使います。 顔に押しあてるようにしてクリームをふき取りしていきます。 その後化粧水などでお肌を整えていきます。

やり方を間違えるとシミになりやすくなるかも

蒸しタオルは適温のものを使わないと逆効果ともいわれています。 その理由は、蒸しタオルで肌が乾燥してしまう可能性があるからです。

熱すぎるタオルはお肌が乾燥してしまいますので、注意してください。ほんのりぬるいくらい、これくらいで本当に良いのかなと感じるくらいの温かさで使うのがベストです。

蒸しタオルでシミが消える事はない

今あるシミが蒸しタオルで消えるという事はないと言えます。 シミができにくいお肌にする、紫外線によるお肌のダメージを緩和させるという目的で蒸しタオルを使いましょう。

また美白化粧品の成分がよりお肌に浸透しやすくするのを手助けするという意味でも効果があります。

蒸しタオルは、リラックス効果もありますので、ストレスをためやすい人は蒸しタオルクレンジングで、その日の疲れをリセットしてみてください。

ストレスもシミの原因になりますから、蒸しタオルを上手に活用してストレスの緩和に繋がればより良いですね。

美白成分が配合されている化粧品を使う、紫外線対策をする、食事や生活習慣に気を配る、喫煙しない、飲酒はほどほどになど・・これらも実践してしみ対策をしてくださいね。

 

顔のシミに木酢液が効く?元々は農薬ですよ。

木酢液って?

木酢液は、炭を焼いている時に出てくる煙を集めて冷却し液体化させてから不純物を取り除いたものとされています。様々な成分が含まれると言われていてその数は200種類以上にのぼります。

木の成分を沢山含んでいるエキスなので、植物を育てる際に加えることで、成長を促したりする作用もあると言われています。

主な成分として酢酸が挙げられます。 木酢液は、独特の香りがあります。炭を焼いた時に出る煙から作られていますので少し焦がしたような香りがあります。

木酢液の使い方を調べてみると、水で薄めて葉や土にたっぷりとかけるのが良いとされていました。 このような内容だけみると、木酢液はお肌に使うものというイメージがありませんよね。

しかし木酢液の効果を調べてみると、植物が元気になったり植物に虫を寄せ付けないようにするだけでなく、アトピー肌の緩和やお肌の除菌、かゆみや炎症を抑える、あせもや水虫の緩和など、植物だけでなくお肌への効果も紹介されていました。

木酢液がシミに効く?

そしてもう1つ驚いたのがシミにも効果があるという説がある事です。 シミに効果があると聞いたら試してみたくなりますよね。

木酢液は、炎症抑制効果や殺菌効果がある成分を含んでいることからお肌の代謝を良くしてくれる働きは期待できます。

しかし刺激もあるためどんな人も効果が出るものではありません。 特に顔の皮膚はデリケートですので、薄める濃度などを間違えて使用してしまうと大変です。

商品によって品質もばらつきがあるので、質の良い木酢液を使用しないと肌トラブルとなってしまう可能性もあります。

お肌に優しい木酢液としては、お風呂用として販売されているものなどが挙げられます。 使ってみたいという人は、パッチテストをしてから使うようにしてくださいね。

木酢液を配合しているスキンケアアイテム

木酢液をそのまま使うの肌トラブルとなってしまう可能性がありますが、木酢液を配合している化粧品であれば安全な濃度で配合されていますので、トラブル無く使うことができます。

木酢液の良い部分を活かしているスキンケアアイテムなので、お肌のかゆみを抑えたり炎症を緩和させながら元気なお肌に整えてくれます。

木酢液はお肌を殺菌して、清潔な状態に保ってくれるのでニキビなどにも効果的です。 肌本来の機能を取り戻すことができます。

木酢スキンケアシリーズなら精製・蒸留した木酢液にお肌に良いとされているハーブエキスやEGCgエピガロカテキンなどを配合していますので安心して使えます。

木酢スキンケアシリーズには、木酢洗顔ソープ、木酢リキッドソープ、木酢シャンプー、木酢うるおい肌水、木酢肌水、木酢エッセンス、木酢ローションジェル、木酢ダブルモイスチャージェル、木酢クリームといった商品があります。

用途に合わせて組み合わせて利用できるようになっていて、お悩み別のお得なセットも用意されています。 木酢液に興味があるという人は、ぜひ木酢スキンケアシリーズを使ってみてください。

木酢スキンケアシリーズの中でも木酢エッセンスは、木酢配合率が高いので、ポイントケア用として販売されています。気になるブツブツやシミなどに使ってみると良いでしょう。

木酢液は、農薬として指定されてはいませんので、農薬ではありませんが農薬のような使われ方をしているのも事実です。それを薄めてお肌に使用するというのはやはり抵抗もありますよね。

スキンケアシリーズとして販売されているものであれば安心して使えそうです。木酢のパワーをしっかり配合している木酢スキンケアシリーズ、ぜひチェックしてみてください。お肌のトラブルを解消させるのにとても役立ってくれるシリーズとなっています。

使い方に自信のない方は顔のシミ専用商品を

今回木酢液でのシミとりを紹介しましたが、やはり使うのは慣れている方だけにした方が懸命な判断だと思います。(実際木酢液は肌に合う合わないが極端です。)

nagisaでは効果のあるシミケア商品を実際に使ってみた上で紹介しております。 木酢液を使うことにちょっとでも不安のある方は、こちらをチェックしてみてくださいね。

 

その目の下のシミは肝斑かも!どうしたら治るの?

その目の下のシミは肝斑かも!どうしたら治るの?

肝斑とは?

肝斑ができやすい年齢は30代から40代とされています。頬骨に沿って左右同じ形、 同じ位置でできる事が多いとされています。

また目の下、目尻の下あたりに左右対称にできている場合も肝斑である可能性が高いと言われています。

肝斑ができてしまう原因の1つに妊娠や出産があります。 女性ホルモンのバランスと肝斑が関係しているとされています。

それ以外にもストレスや生活習慣の乱れで肝斑が発生する可能性もあります。 肝斑も紫外線にあたると濃くなりますし、生活習慣やストレスで濃くなってしまうケースもあります。

肝斑の治療は内服薬

肝斑の治療に用いられるのが、内服薬です。 トラネキサム酸というお薬を飲むと、肝斑を薄くすることができるとされています。

トラネキサム酸配合のお薬は、第3類医薬品としてドラッグストアでも購入可能です。 第一三共ヘルスケアから発売されている、トランシーノIIは肝斑の治療薬です。

実際に8週間の服用で肝斑に対しての効果が認められたとされています。 服用は朝と夜の2回、1日2錠を飲みます。 トラネキサム酸にL-システイン、アスコルビン酸、ピリドキシン塩酸塩、パントテン酸カルシウムが配合されています。

ビタミンCやビタミンB6、L-システインなど肌の調子を整えるのに役立つ成分も配合されていますので、肝斑の治療はもちろん肌荒れ対策にも使えます。

肝斑でもレーザーはできるの?

肝斑はレーザ―照射で濃くなってしまうと言われていましたが、現在は肝斑にあてて症状を緩和できるレーザーを導入しているクリニックもあります。

レーザートーニングとよばれる治療は、肝斑も薄くすることができます。 回数は数回かかりますが、きれいにしたいならこのような方法も試してみても良いでしょう。

症状によってどのように治療すれば良いのか変わります。無料でカウンセリングを受けられるクリニックもありますので、しっかりカウンセリングを受けてから 治療を受けるか決めてください。

費用は自己負担となります。 目安ですが1回あたり1万円程度で照射しているクリニックが多いようです。

レーザートーニングは、肝斑だけではなく、毛穴を引き締めたり、肌を引き締めてお化粧ノリを良くするなど色々な効果が期待できます。

トラネキサム酸服用の口コミ

トラネキサム酸で肝斑が改善した人の口コミをご紹介します。

  • 飲み始めて最初の3週間くらいはあまり効果を感じられませんでした。1ヵ月半くらい経過してだんだんと肝斑の色が薄くなっていることに気が付きました。8週間で完全には消えていないのですが、だいぶ目立たなくなり効果がありました。
  • 肌のトーンが明るくなっているように感じます。ニキビ跡かきれいになりました。
  • 肝斑への効果はまだあまり分からないのですが、肌全体が明るくなったので白くなった気がします。
  • 肌荒れも改善して肝斑とシミが薄くなってきました。
  • 気になっていた肝斑を治療するために購入しました。8週間で本当に薄くなるのか半信半疑でしたが、本当に薄くなっていてびっくりしています。

ご自身のシミが肝斑かどうか分からないなという人は、美容皮膚科や美容クリニックで診断してもらうとシミの種類が分かりますよ。

シミの種類が分かれば治療方法も正しいものを選択できます。まずは肝斑かどうか確かめてからお薬を服用してくださいね。

 

顔のシミに効くの?レチノイン酸とハイドロキノンの効果・効能まとめ

これで顔のシミが無くなる?まずはレチノイン酸

顔のシミ、年齢とともに気になるので何とかしたくなりますよね。

シミを取ろうと思った場合、レーザー治療でなければ取れないと言われていますが、レーザーを使わなくてもレチノイン酸軟膏を使って目立たなくさせる事は可能とされています。

レーザー治療は怖い・・という人はレチノイン酸軟膏でシミ治療をしてみてはいかがでしょうか。 わかりやすく言うと、レチノイン酸軟膏=レチノイン酸はビタミンAです。これが肌の再活性化を促進させます。

米国では若返り薬の代表的存在です。 最近ですとレチノール化粧品・クリームと表記のある商品も多くありますが、これらはあくまでレチノールなのでレチノイン酸とは違います。

レチノールは、体内の皮膚層に運ばれ、酵素によって分解されレチノイン酸となるので、微量にレチノールを配合した化粧品を使っても正直あまり効果は見込めません。

レチノイン酸は市販では手に入らないので、皮膚科や美容皮膚科で処方してもらう必要があります…が! レチノイン酸は皮膚科などで処方されると、保険非適応外の為とってもお高いのです。

※親指くらいの大きさ(5g〜10g)で3000円程度します。この出費はちょっと考えものですね…

レチノイン酸軟膏は強力で刺激のある軟膏なので、シミに塗った事で赤みやひりひり、かさつき、かゆみなどがあらわれる場合もあり、これらの症状は継続して使うとおさまっていきますが、必ず医師の指示に従って使用するようにしてください。

強力であるが故に少量ずつしか処方されない、その上保険も効かないのでよほど信頼できる皮膚科でないと使うのは怖いですね。

(※皮膚科によってはレチノイン酸処方の承諾書を書かせられるそうです)

一方ハイドロキノンとは?

お肌の漂白剤とまでいわれるハイドロキノンですが、こちらは茶褐色になったメラニンを白くする効果があります。

メラニンはお肌が紫外線に晒された際に生成させる成分ですが、たとえそのメラニンが茶褐色になろうともきちんとお肌の外に排出されていれば問題ありません。

しかし加齢や生活習慣の乱れできちんと排出できない場合シミになります。そのうまく排出できなかったメラニンを白くする、というわけです。

ハイドロキノンは成分として安定化しづらいため、十分に配合された市販の化粧品はあまりありません。 ハイドロキノンを処方箋として皮膚科で処方してもらう場合、先述のレチノイン酸と同様に高価で少量づつしかもらえません。

去年の6月にnagisaスタッフが都内の皮膚科で処方された際はハイドロキノン4%濃度の配合クリームで2,280円(1本5g)でした。高いですね…

ちなみにハイドロキノンの場合は3%〜5%と高濃度で配合された市販薬もよく販売されています。※楽天やamazonで検索するとたくさん出てきます。

最近ですと中には10%のものも。ですが、中には5%→10%に乗り換えたけど5%の方がよく効いていた!などというレビューもあり、高濃度に疑問を抱く声も上がっています。単純に濃度を高くすればいいというわけではないようです。

レチノイン酸とハイドロキノンのまとめ

  • レチノイン酸が欲しい場合は皮膚科で処方。
  • ハイドロキノンが欲しい場合は皮膚科で処方か通販で購入。

どちらも効き目は強力だが、シミが治らずお肌に赤みなどの後遺症が残っても自己責任となるので注意しましょう。

 

 

シミはかさぶたにすると取れるって本当?自己流は本当に危険!

シミはかさぶたにすると取れるって本当?自己流は本当に危険!

正攻法/シミをレーザー治療する場合

シミの部分に反応するレーザーを直接照射して、シミを破壊します。 良く利用されているレーザーに、Qスイッチルビーレーザーというものがあります。

照射してからシミは徐々に取れていきますが、この期間が1ヶ月から3ヶ月くらいかかります。 レーザーですぐ取れると思いがちですが、すぐではなく期間がかかるのですね。

レーザーを照射してすぐは、やけどのようになります。赤くなりますし、腫れる人もいます。すぐにメイクするのも難しく、しばらく時間がたつと茶色いかさぶたに変化していくのですが、かさぶたになると茶色い色が濃くなりますのでシミがあった時よりも目立ってしまいます。

かさぶたが取れるまでには1週間から10日かかります。この期間、かさぶたを無理にはがすことをしてはいけません。 絆創膏などで幹部を覆っておく必要があります。

人によっては2週間くらいかさぶたが剥がれない人もいます。 でも無理にはがしてはいけません。 剥がれた後は、炎症が残っているのでシミの部分はまだ薄くなりません。

この時期、本当にシミが消えるのか不安になる人も多いです。 かさぶたが取れてから、新しい皮膚が再生されていきますので、その期間が1ヶ月から3ヶ月と長くかかります。

シミの濃さによっては、かさぶたが治って新しい皮膚でおおわれてもまだシミが残っていることもあります。 1回で必ずきれいになるというわけではないので、シミを完全になくしたいとなると、費用がかなりかかる可能性もあります。

また、一度取ったシミが、再度出てくるというケースもあります。紫外線対策をしっかり行う必要があります。

シミのレーザー治療で副作用はあるのか?

レーザーの照射によって副作用などはあるのでしょうか。 レーザーは安全性の高いものを使用していますし、レベルもきちんと照射する前に設定しますのでよほどの事が無い限りは大丈夫です。

しかし肌の弱い人など不安がある場合は相談をしましょう。 副作用として挙げられているのは、色素沈着でシミが濃くなってしまった、色が抜けて白くなってしまった、傷跡のようなものが残ってしまったという事が挙げられます。

レーザー照射後に、どのようなケアをしていたのかでも変わってきます。不必要にこすったり刺激を与えたりすると色素沈着となる場合もあります。

レーザー照射前後にしておきたいこと

レーザーを照射する前には、産毛を剃っておくようにしましょう。やけどを防ぐためにもこれはやっておく必要があります。また肌荒れしている場合は、その日の照射は避けたほうが良いでしょう。

痛みが伴いますので、不安がある人は麻酔をしてくれるところでレーザー治療を受けましょう。

レーザー照射後は、日焼けしないようにしてください。日焼け止めをしっかり塗りましょう。 保湿も重要です。お肌が乾燥しやすくなりますので、しっかりと保湿しましょう。

メイクは翌日から可能ですが、照射している部分は必要以上に触らないようにしましょう。 日焼けに関しては照射後に関係なく、しっかり対策をして新しいシミができにくいようにしてください。

 

マスクが顔シミの原因になる?→衝撃の事実が判明

マスクをすると顔のシミは増えるの?

最近は1年中マスクが手放せないという人もいますよね。

春は花粉対策として、夏から秋は紫外線対策として、そして冬は風邪やインフルエンザ対策に・・・ マスクをしていればノーメイクでもいられるし...そんな理由もあったりしますね。

確かにマスクをしておくと、お肌に花粉が付いたり紫外線を直接浴びないで済みます。 それから喉を潤わせることもできます。

しかしマスクを着けていることが原因で起こる肌トラブルもあるのです。

どんな肌トラブルが起こる可能性があるのか調べてみました。 まずはマスクをつけることで、お肌に摩擦が起きてしまいます。当然摩擦はお肌の大敵ですから良くありません。

マスクを付けた時に、肌に触れる部分がかゆくなったりすることはありますよね?

肌に触れている部分で違和感を感じる場合、摩擦が起こっています。この摩擦によってメラニン色素が作られてしまう事があるので、それがシミとなってしまう可能性は十分にあります。

シミ対策のためにマスクをしていたつもりなのに、紫外線とは異なる原因でシミができてしまった・・・なんてことになったらショックです...

それでもマスクを使いたい人は、マスクの素材に注意しましょう。 マスクと一言に言っても使い捨てマスクや、ガーゼマスク、シルクマスクなど色々あります。

もし普段自分が使っているマスクでかゆみなどを感じることがあれば、マスクの繊維がお肌に合っていないでしょう。 そうゆう場合は素材を変えてみると、全く痒くなくなることもあります。

続いてマスクの中が蒸れることによって起こる肌トラブルとして、ニキビがあります。

マスクの中で蒸れると皮脂の分泌量も増えてしまいます。これによりニキビができやすくなります。 慢性的に顔にニキビがある人はニキビが悪化する可能性もありますので注意したいですね。

マスクでの肌トラブルを避けるには?

マスクを着用したことで、肌トラブルが起こらないようにしたいのであれば、先述したマスクの素材を見直すという事と、マスクの着用時間を見直すという事が挙げられます。

まず紫外線宅策としてのマスク着用であれば、外に出るときだけにしましょう。 室内では日焼け止めをしっかり塗っていればマスクを外しても問題ありません。

1日中外に出かけるという場合は、マスクよりも日焼け止めをこまめに塗りなおす事や帽子や日傘の活用もしてみてください。 どうしてもマスクをしていないと不安だという場合は、肌に優しい素材のマスクを選びましょう。

マスクは常に清潔な状態にしておくことも必要です。マスクの中で雑菌が繁殖してしまうのでそれをそのままお肌につけると肌トラブルとなってしまう可能性があります。

使い捨てのマスクも1回使ったらその都度取り替えて同じものを繰り返し使わないようにしてください。 繰り返し使うなら必ず洗えるものを選びましょう。

摩擦で顔にシミを作らないおすすめのマスク

最後にお肌に負担のかかりにくいおすすめのマスクをご紹介します。

息苦しくないUVマスクFURAHAは、UVカット機能のついている多機能マスクです。カラーバリエーションが多いので選ぶ楽しみもあります。

紫外線を98%以上カットしてくれてお肌に触れる素材も柔らかいので摩擦が少ないです。 付属されている特殊フィルターによって花粉や黄砂、PM2.5、ウィルスなどからもお肌を守ってくれます。

大きめのマスクなのでしっかり紫外線対策ができます。 デザインも色も豊富なのでおしゃれにマスクを使うことができるのも良いです。

この他にもお肌に優しい素材で作られているマスクはありますので、 ぜひ気になるものを使ってみてください。

 

Copyright© Suteki Direct , 2020 All Rights Reserved.