Youtube Liveの口コミ・評判を紹介 | 稼ぐことができるって本当?

Youtube Liveというライブ配信を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

Youtube LiveはYouTube上でライブ配信を行うことができるプラットフォームです。

ここではYoutube LiveについてこれからYoutube Liveをしようと思っている人でもわかるように紹介していきます。

公式サイト:https://www.youtube.com

 

Miyu
今話題のYoutube Liveがどのようなライブ配信プラットフォームなのか紹介していきますね🎵

目的別に選ぶ(タップ)

 

Youtube Liveとは?

価格

無料

特徴

ユーザーが多い

年齢層

20代が中心

総合評価

Youtube LiveはYoutubeでライブ配信を行うことができるプラットフォームになっています。YouTubeを利用している人なら誰でも視聴することが可能。

そのため、他のライブ配信のプラットフォームに比べて視聴者の数が多いことが特徴です。

また、Youtube Liveには他のライブ配信プラットフォームと同様で投げ銭の機能もついています。

>> 登録方法はこちら

>> DLはこちら

 

Youtube Liveのメリット・デメリット

メリット

ここでは、YouTubeライブのメリット について紹介していきます。

  • 多くの人に視聴されやすい
  • チャンネルの登録者を増やすことができる
  • 投げ銭を受け取れる
  • ライブ配信をアーカイブできる

多くの人に視聴されやすい

YouTubeライブの場合はYouTubeと同じプラットフォームでライブを配信することになります。そのため、他のライブ配信のプラットフォームに比べて視聴者の絶対数が多いです。

また、YouTubeライブの場合はチャンネル登録をしている人に対して通知がいく設定になっています。

チャンネルを登録している人に対して通知がいくことで自分でライブ配信の通知をしなくても視聴者を集めることが可能になっています。

チャンネルの登録者を増やすことができる

YouTubeライブの場合はYouTubeのチャンネルの中でライブの配信を行うことになります。そのため、ライブ配信をしている人はライブ配信と同時に自分のチャンネルの登録者を増やすことが可能。

チャンネルの登録者を増やすことができることでライブ配信のみではなく自分のYouTubeチャンネルに動画をあげた時にも視聴回数を稼ぐことが可能になります。

投げ銭を受け取れる

YouTubeライブの場合も他のライブ配信のプラットフォームと同様に投げ銭を受け取ることが可能になります。投げ銭を受け取ることができることで自分の収入を増やすことができます。

また、YouTubeライブの場合はライブ配信で投げ銭を受け取ることができるだけではなくライブ配信にも通常のYouTube動画のように広告を入れることが可能。

そのため、投げ銭の他にも広告収入を得ることが可能になり他の動画配信のプラットフォームよりも収入が多いことが多いです。

ライブ配信をアーカイブできる

YouTubeライブの場合はライブ配信した動画を保存してアーカイブ設定にすることが可能です。アーカイブ設定にすることでライブをリアルタイムで視聴することができなかった人も視聴することが可能になります。

また、アーカイブに設定することでライブ配信後もライブ配信した動画に広告をつけることができ広告収入を得ることができます。

そのため、アーカイブ動画からの収入を得ることもできます。

デメリット

ここではYoutube Liveのデメリットについて紹介していきます。

  • 規制されることがある
  • 初心者には難しい
  • 配信ができるまでに時間がかかる
  • 有名人を相手にする

規制されることがある

YouTubeの場合は非常に規制が多いプラットフォームになります。

そのため、YouTubeライブの場合も規制が非常に強いのが特徴です。YouTubeライブの場合は裸などを配信することで規制の対象になってしまうこともあります。

YouTubeで規制の対象になった場合はチャンネル自体がBANされてしまい永久に見ることができなくなってしまう可能性もあります。

初心者には難しい

YouTubeライブの場合はチャンネル登録者が多い場合はライブ配信の視聴者の数も多くなります。しかし、チャンネル登録者がほとんどおらずファンがいない方の場合は視聴者を集めることが難しいです。

そのため、ファンがいない初心者の場合は自分のライブ配信を見てもらうことが難しいです。

配信ができるまでに時間がかかる

YouTubeライブの場合はライブを配信する際に本人確認が必要になります。

本人確認があることでYouTubeライブの秩序が守られていると見ることも可能ですが、本人確認をしないとライブ配信をすることができないです。

そのため、すぐにライブ配信をできないことをデメリットに感じる人も多いと思います。

有名人を相手にする

YouTubeの場合は動画配信サイトとして確固たる地位を持っています。そのため、他のライブ配信プラットフォームに比べて有名人の参入が多いです。

有名人の場合は最初からファンを持っているのでライブ配信を初めてすぐに視聴者が増えます。

しかし、ファンがいない人はそのような有名人と視聴者を取り合わなくてはいけないので非常に不利であると言うことができます。

特に、ライブ配信の場合は同時に何人もの配信を見ることができないので取り合いが激しくなります。

Youtube Liveは稼げる?危険?安全性は?

結論から言うとYoutube Liveは稼ぐことが可能です。

特に、普段からYouTubeを利用する人が多くなっているので視聴される可能性も高く稼ぐことが可能になっています。

YouTubeの場合は投げ銭の他にもアーカイブでの動画配信に広告をつけることで二重に稼ぐことが可能です。

このアーカイブ配信に広告をつけるという機能は他のライブ配信プラットフォームにはないのでYouTubeのメリット とも言うことが可能です。

また、Youtube LiveはYouTubeによって運営されているライブ配信プラットフォームになっています。

そのため、安全性は非常に高く安心して利用することが可能です。

SNSの評判まとめ

Instagram(インスタグラム)

 

#ユーチューブ ライブ

#公式サイト

 

Twitter(ツイッター)

#ユーチューブ ライブ

#公式サイト

 

 

Youtube Liveの口コミ・評価をアプリストアのレビューで紹介

とてもいい

YouTubeのプラットフォームを使って動画の配信を行うことが可能なので簡単に配信できる

有名人のライブも見れる

有名人もユーチューブで動画を配信している人がライブ配信をしているので非常に身近に感じる

有名人にも投げ銭や質問ができるのがいい

配信まで時間がかかる

ライブ配信をする際に申請が必要なのが面倒臭い

動画配信の場合は何も許可がいらないのにライブ配信の時は許可が必要なのでライブ配信するまでに時間がかかる

簡単に配信でできる点はいい

視聴者が多い

インスタライブよりも視聴者が多いのでよく使う

YouTubeライブの場合はアーカイブ設定にして広告をつけられるのがいい

誰も見てくれないから悲しい…

YouTubeライブを使って配信しても誰にも見られなかった。

YouTubeでファンがいる人にもいいサービス

だけど無名の人にとっては哀しいサービスだと思った笑

特集ページなどを設置して欲しい

ライブ配信をしている人を宣伝して欲しい

他のアプリの場合はライブを始めると特設ページに載ることが多いけどYouTubeライブにはそれがない

だから、視聴者を集めることができない

一般人はライブ配信しても…

YouTubeライブは一般の人に向けたものではなく有名人や有名ユーチューバーのためのもの

一般の人のライブは見てもらうことができないことが多い

けど、有名人のライブ配信では表のみではなく裏も見ることができるので非常にいい

引用元:Twitter

公式サイト:https://www.youtube.com

>> 登録方法はこちら

 

Youtube Liveはこんな人におすすめ

Youtube Liveは初心者の人におすすめです。

Youtube Liveはライバルが多いので初心者の場合は視聴者を獲得できないこともあります。

しかし、Youtube Liveはライバルが多いと言うデメリットよりも視聴者数が多いと言うメリット の方が大きいです。

そのため、Youtube Liveは初心者に非常におすすめになっています。

 

Youtube Liveの登録方法

ここでは、Youtube Liveの登録方法について紹介していきます。

ステップ1

ライブ配信を行う時には自分のYouTubeチャンネルにアクセスする必要があります。

自分のYouTubeチャンネルに入ると右上にある動画配信ボタンをおします

このボタンを押すことで写真のような

  • 動画をアップロード
  • ライブ配信を開始

の二つの項目が出てきます。

ライブ配信を開始をクリックするとライブ配信を行うことが可能です。

ステップ2

ライブ配信を行う際には本人確認が必要になります。

そのため、ライブ配信を今までしたことがない人が電話番号での本人確認をする必要があります。

本人確認は電話での確認とSMSでの確認の2種類があります。

ステップ3

電話番号での本人確認が終了するといよいよライブ配信の開始です。

ライブ配信の時には写真のような項目が出てきます。

普通のライブ配信を行う際には「従来の今すぐ配信」で大丈夫です。

ゲームの実況などの加工が必要な場合はエンコーダー配信を利用するようにしましょう。

>> Youtube LiveのDLはこちら

販売会社の情報(公式サイト)

販売業者 グーグルジャパン
運営責任者 平手智行
住所 〒106-6126 東京都港区六本木6丁目10−1 六本木ヒルズ森タワー

電話番号  03-6384-9000
URL https://www.google.com/?hl=ja

 

Copyright© SutekiDirect , 2020 All Rights Reserved.